マンションリフォームのデメリット

0800-200-3308

マンションリフォームのデメリット

前回のブログではメリットを紹介しましたがもちろんデメリットもあります。

 

マンションには共有部分があり、リフォームできる範囲は専有部分のみ。

マンションの管理規約によりリフォームできる範囲が決められています。

 

たとえば、玄関扉や窓の移設やサイズ変更、

構造の躯体部分に設備配管などを通すスリーブ開口を開けたり、

スラブを削り床を下げたり天井を上げることができません。

 

水まわりの移設は、既存の排気・排水を使える範囲で行わなければならず、

またフローリングが禁止されている場合もあります。

いろいろと規制がありますが、プランやデザインでカバーできることも多くあります。

 

専用部分

 

マンションの近隣トラブルのもととなる上下左右の騒音問題についても対策が必要です。

工事部分によっては、管理組合への届け出が必要になります。

マンションを購入する前に、管理規約にも目を通しておきましょう。

 

マンションリフォームは制約が多いため、実績のある施工会社を選ぶと安心です。

施工事例を見せてもらって判断するのがおススメです。

news

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
箕面リフォーム資料請求